私の研究・・・

今行っている研究はどのような研究ですか?・・・という問いに。

「自律神経と腸の関係を調べています!」と簡単にいいますが・・・。自分の知りたい情報に行き着くまでに沢山の文献を読みました。

残念ながらお金にならない基礎研究は余り研究がされておらず、私が調べようとしている内容も自ら行わないといけない状態となり研究室にお世話になることになったのです。

文献検索から入るのですが、「腸を刺激して目が治った」なんて誰も信じてくれないのも当然ですし、そんな文献がどこにあるのか?自分でも笑いが出るほど・・・愚か?ではありましたが、自分に正直に生きるためには調べるしかないと決めたのが始まりです。

母の目が治癒したのも偶然かもしれない・・・その後、目の疾患のある方にご協力いただき施術を重ねた結果、視力が戻り眼圧が下がり失明を免れたり。白内障だった方の目のくもりが無くなってきたことも。

老眼になりにくいなどの声や軽い症状からは飛蚊症(目の中に黒い物体が動く)など目の老化が抑えられたなどの報告が出始めたのです。

何だろう?なぜ?このようなことになるのでしょう。

私は小さい頃から、あり地獄を見つけては蟻を落としてみたり(小さい子どもは残酷です)何かを観察することが大好きで、その傾向が今になって出てきてしまったのです。

たのしい・・・(笑)

周囲の迷惑も考えず突っ走ってしまいました。

腸と目の回復何か関連があるはず、それは「血液」か?「神経」か?神経や血液の成分なのか?はたまた心理的要素がくわわるのか?気の遠くなるようなお話でした。

そんな、私の実験の流れや調べてきた文献をこのブログに面白おかしく書けたらいいなと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です