マザーアロマの腸セラピー

インテスタージュ®セラピー

   

マザーアロマの腸セラピーは、タオルの上からの手技セラピーと安全に腹部深部を刺激するために開発された特許取得機器インテスタージュ®bullでセラピーをおこなってまいります。お客様のお腹の状況に合わせてオイルでのセラピーもご提案することもございます。
 腹部深部のセラピー(腸セラピー)と言われると、「腸を揉むの?」と思われる方はいらっしゃると思いますが、腸は揉むのではなく、”優しく刺激する”が本当です。また、長年の経験を持つセラピストは腹部に触れるだけでお客様のお腹の状態が理解できます。胃の悪い方、便秘の方、下痢の方、膨満感のある方など様々なお腹をセラピーしてまいりました。ですが、セラピストはお客様のお腹は理解していても、それを診断することはございません。お客様のお腹を理解するためにいくつかの「自分実験」をしていただくことがあるかもしれません。例えば、お食事について、「この食材を増やしてみることを試してみる。または減らすことを試してみる」、生活習慣については「朝一度は起きて朝日を浴びてみる」など、チャレンジしてみて自分の身体や腸の動きがどのように変化するか?などを自分研究をしていただくことがあります。その経過をみながら、セラピストは伴走者としてゴールまでお供してまいります。サロンではどのようなことをするの?サロンでは、体質チェック表と気分チェックを簡単にご記入いただきまして、身体を知るための基本的なマーカーをチェック!
①体組成計にて筋肉量や体脂肪:体重は身体の総合計です。身体構成成分を見る為に詳しく、脂肪量や筋肉量を計測して、体調の管理方法を学びます。数字で理解するよういたします。

②デトックス効果を高める温熱療法:体温が1度上がるだけでも白血球が増えて免疫力アップすることはご存知でしょう。こちらの遠赤外線にて皮下深部まで届くものを利用して身体の中から大量の汗と共にデトックスします。

③自律神経チェック(セラピー前後):自律神経は個々人の身体のバロメーター インテスタージュ®腸セラピーは自律神経系を介して全身のバランスを調整していきます。

④お食事の管理カウンセリング(※オプション:SNS有料管理):腸管はダイレクトに食事の影響を受ける器官です。栄養素によって怠さや元気になるなどの調整も可能なほど食事は重要なポイントになります。また、腸の神経系を刺激し反射を起こし排便を促すなど重要な食事をセラピーと同時に行っていきます。ただし、無理がある食事療法、偏った食事療法ではなく「日常に組み込まれた無理のない食事を。またお客様にあった食事をご提案してまいります。先ずは目的をしっかりとするために食事カウンセリングは重要になってきます。

⑤高濃度水素吸引(※オプション:痛みのある方):お腹を触ることもできないほどの張りがある方や糖尿病の方などに高濃度水素吸引をおすすめしております。

自律神経測定

その他リラクゼーション及びメンテナンスコース

 

 

医療レベル高濃度水素吸引

水素ってなに?水素は活性酸素であるヒドロキシルラジカルなどの体内で作られる毒性の高い物質を選択的に無毒化して排泄します。

医療現場では、慶應義塾大学病院の水素ガス吸入治療:2%水素を18時間吸入、大阪大学呼吸器外科の水素ガス吸入療法:1.3%水素を24時間吸入を行っています。弊社で使用する機器は、6.8%高濃度を短時間で吸引することができるものです。

水素に関する参考資料:http://www.jsbmg.jp/products/pdf/BG35-1/35-1_1-8.pdf

 

 

 

温熱療法(タオル付)

温熱療法って?身体を温め、血行をよくする物理療法を「温熱療法」といいます。 

温熱療法は免疫力を高めるNK細胞の活性化も認められている治療法の一つです。

 

 

ご予約はこちら⇒