帝王切開児の腸内細菌は?

子宮内胎児の腸管は無菌です。あかちゃんが生まれるときに産道を通過する間に、口、鼻、喉を介し、また母親との濃密な接触からまた母乳から母体由来のBifidobacteria(善玉菌)を獲得します。

これらの菌は腸管に生後数日で定着します。ですが、未熟児の多くは帝王切開で生まれてくるため、保育環境の悪玉菌が腸管に定着しやすいのです。現在、30代や40代での出産もふえていることから帝王切開で生まれるお子さんが増えています。このことから考えるとやはり腸内細菌叢の乱れはさけられないと思います。

帝王切開児の感染を防ぐための機能は、未発達なため感染症を発症するリスクは高く、抗生物質を投与されることになるわけです。未熟児の場合は特にその傾向は強いです。

私の第2子は未熟児ではなかったのですが、帝王切開で生まれてきました。やはり、腸内細菌叢の乱れはあったのだとおもいます。肺炎も起こし、腸の疾患には1歳までに何度もかかりました。その度に抗生物質を投与され・・・。小太りなのもそれが原因です。

腸内環境の悪化は全身感染や新生児壊死性腸炎に発展することもあるのです。これらの、リスクに対応する方法の一つにBifidobacterium Breve(弊社のあかちゃんの菌オプナニTM)を産後直後から継続投与することで、蠕動運動と悪玉菌に対する抵抗性をつけていくのです。

勿論、私の子どもにまず投与し腸の調整を行いました。現在は、6歳になり毎日よい便が出ています(笑)

また、腸内免疫を調整するのに重要なのは、「母乳」です。母乳には炎症を抑制する免疫調整活動休止中の多数の白血球及びオリゴ糖などのグリカンなどのブレバイオティクスが豊富に含まれています。

母乳はあかちゃんのお薬です。

腸管免疫を調整し、感染予防、炎症までも鎮静化しつつ、病原物質に対する免疫学的メモリーも徐々に獲得するすぐれものです。これらの生体防御成分は腸管壁層に直接作用し腸管の発育や腸管運動、栄養吸収までも助けるのです。自然免疫を増強し獲得免疫を誘導する力を発達せんとする母乳はあかちゃんのエネルギーです。

初乳をあかちゃんに与えることは本当に重要なのです。

先ほど出てきた、Bifidobacterium Breveには勿論母乳に含まれているラクチュロースが一番合い、ビフィズス菌の働きをほかのオリゴ糖よりも数倍利用されやすく相性が良いという報告を受けています。ただ、医薬品としても使われているラクチュロース・・・なかなか高価です(涙)

実際に私の第2子もこの菌によって早生まれ(1月生まれ)でも学年で1,2位を争うぐらいのしっかりとした身体になっています。蠕動運動がしっかりあれば、成長ホルモンも分泌されやすいですので成長期のお子さんをお持ちの方は腸内環境から整えていくのが一番早いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です