胆汁酸と腸もみの重要なお話

胆汁酸ってご存知ですか?

2400年もの前、ヒポクラテスが発見したのが・・・胆汁酸。その後胆汁酸や胆石の研究がおこなわれ、この10数年の間に胆汁酸の働きが理解されてきたのです。その結果、今問題になっている「脂肪肝の生成」「肥満におけるエネルギー代謝」「血糖調節に胆汁酸との関わり」「コレステロールの吸着排泄」など様々。

胆汁酸の働きとは、肝臓でコレステロールから作られる物質です。精製後は胆のうへ蓄積されます。食事をすることで胆のうから分泌されて消化吸収を助けるのが主な働きです。

そして、更に、①脂肪肝を減らす②内臓脂肪を減らす③コレステロールを減らす④血糖値低下させることがわかりました。これまた凄いのは「胆汁酸は腸管のせっけん」なのです。腸内で腸管の壁にこびりつく脂質を胆汁酸が包み込み吸着するの防ぐ食器洗いのような働きをします。

サプリメントでは、「ウルソ」ウルソデオキシコール酸、胆汁酸の一種。

更に、胆汁酸はミトコンドリアとの関係も深く、ミトコンドリア細胞膜に胆汁酸が付くと活性化方甲状腺ホルモン産生が増えて脂肪分解やエネルギー代謝が亢進します。⇚だから、痩せるわけ。

更に更に、甲状腺ホルモンは甲状腺で作られているのではなく、80%は細胞内でD2(ダイオーツー)というホルモンを介して作られていることが分かってきています。その、D2ホルモンは胆汁酸が刺激となり活性するのです。

以上のように胆汁酸は重要なのです。腸セラピー及び腸もみをすることで胆汁は分泌されやすくなります。是非、トライしてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です