腸セラピーと腸もみ 連載

2016.08.02

コラム

「え??腸もみ!!どうもむの?」と今はなき、笑っていいともに出演したときに、タモリさんに言われた言葉。

もう何年前の話になるだろうか?

いまだに、「腸もみ」と「腸セラピー」の違いと「腸セラピーの効果」は明確にされていないですね。

私が明確にいたします!!

腸セラピーと書いてあるチラシを手にスパイしても・・・ただのオイルマッサージだったり、めちゃくちゃ痛かったりと、本当の腸セラピーがどのようなものなのかを理解されてはいない。実に残念です。

「腸もみ」という言葉が世に出たのは、「1日3分腸もみ健康法」講談社から2005年に出版され(現在10刷目)たことがきっかけでした。当時は、「腸もみ?なにそれ?超すごいもみ?かと思った」と冷やかされたものです。

この、名付け親である、講談社の担当の方は今や部長さんに昇進!(笑)やはり、できる人は違いますね。その後、1日何分・・・の本がザックザック出版されて、ダイエット本や自分で行う…本がブームとなったわけです。

その頃から、私はサロンマザーアロマで腸セラピーを行い、日々「何で?腸セラピーで腸だけではなく、目や肩こり、痛みが解決されるのか?」と疑問に思うようになり、現在では研究室で研究まで行うようになったのです。

そう、腸セラピーを研究するまでに至ったのです。

つづく

Top